mosyoesyoe's blog

徒然書いたら結果、今のところ、自社の宣伝。お得情報。パソコンTips。雑感。

書評:銀河の死なない子供たちへ

感動しているうちに、趣味全開で、好きなモノを紹介させてください。

銀河の死なない子供たちへ(上) (電撃コミックスNEXT)

銀河の死なない子供たちへ(下) (電撃コミックスNEXT)

Web連載で読んでいて、その時もパソコンの前で泣いたのですが、今日も下巻を購入した帰りの電車で「泣くかも」と思いながらも、家まで待ちきれず読んでしまいました。そして、涙が。。。

「銀河の死なない子供たちへ」(上下巻 施川ユウキ KADOKAWA 電撃コミックスNEXT 2017年2018年)

過去作では「大人になる」といった成長がちりばめられていた気がしますし、真っ向テーマにしている作品もありましたが、とうとう「人間になる」に取り組まれたのだなあと思いました。

この作者さんをリスペクトして、パロディ同人誌作っていたのも、遠い昔。手塚治虫賞を取り、アニメ化作品もあり、こんな立派な(?)作品を描くようになるとは思いませんでした。と、バーナード嬢の如く、昔から知っていたよ自慢しておきますw

MySql for Visual Studio 2017は駄目なのか?:型付きデータセットが作れない:未解決篇

残念ながら、一日をムダにしてしまいました。

症状は、Visual Studio 2017 でMySqlに接続するアプリを作るのに、「データソース構成ウィザード」でデータセットを作ろうとすると、失敗します。

ネットで調べる解決法も結構試したのですが、改善せず。

駄目だった環境

Windows10 Pro 64bit (18.03)

Visual Studio Community 2017 (15.7.5)

MySql for Visual Studio (2.0.5 or 1.2.8)

MySql Connector .Net (8.0.11 or 6.10.7 or 6.9.12)

MySql (5.7.22)はHyper-V上のubuntu18.04 にある

 

やったこと

VisualStudioのサーバーエクスプローラーから、データ接続>OK 

同じく、テーブルのデータ取得>OK

「新しいデータソースの追加」からデータセットを作成しようとすると、テーブル情報は読めて、選べるのに、

更新コマンドの一部を生成できませんでした。データベースは次のエラーを返しました:予期しないエラーです

Some updated commands could not be generated automatically. The Database returned the following error: Unexpected Error

 

となって失敗します。ググる人のために相当の英文メッセージも入れておきます。

空のデータセットを作って、追加>TableAdapterとやり、TableAdapter 構成ウィザードを進めても、クエリビルダーでデータは取れるのに、

オブジェクト参照がオブジェクトインスタンスに設定されていません。

System.NullReferenceException 

 

なる、よく分からない日本語メッセージでこれも失敗します。

C#のプロジェクトで、Entity Frameworkでもやってみましたが、これも失敗しました。

ほぼクリーン環境のノート(18.03にアップグレードしたばかり)から、Visual Studio Community 2017 (15.7.5) MySql for Visual Studio (1.2.8) MySql Connector .Net (8.0.11)の組み合わせで新規インストールして試しましたが、これも失敗でした。私としてはクリーン環境で失敗したので、サーバー側の接続に問題があるのか?とも思ったのですが、どうも解決しません。

 

ネット情報をまとめると

MySql Connector .Net 6.9.9はバグがあるから、6.9.8に戻せ

クリーンインストールで解決した

MySql のinformation_schemaを読む権限がないのでは

などありますが、どれも外れでした(一番上は手に入らないのでしてない)

 

暫定対策

前はできていたと思ったので、古い環境のファイルを出してきましたら、なんと成功しました。

Visual Studio 2010 Pro

MySql for Visual Studio (1.1.4)

MySql Connector .Net (6.8.3)

マシンは同じなので、OSやHyper-V上のMySqlサーバーは変化ないです。使い慣れた昔の環境で開発しろということなのでしょうか?dotNetFrameWorkは4.0までしか対応しませんし、前述のVisualStudio2017環境と共存できないです。(VisualStudio自体はできる)

さて、どうしたものか。。。

 

ローカルルールのページワン

今週のお題「ゲームの思い出」

進学校に通った高校時代、休み時間にやるゲームは主にトランプゲームでしたが、その中で「ページワン」は卒業後、プチ同窓会で集まってもやっている名作ゲーム。40過ぎても、機会があればやるのだからたいしたものです。

ルールは若干複雑で新しく誰かに教えようと思わないレベル。でも、記録しといた方がいいよな~と思い、ここに記しておきます。

◎ルール(私の記憶のローカルルールです)

手持ちのカードを無くしていくゲーム。最後に残った一人が、持っているカードによって点数が加算されていき、決めた回数を終えた時点で、持ち点の多い人が負け。この辺は私にとって、あまり重要ではなく、一回一回が楽しい。

1.親が任意の枚数をそれぞれに同数配る。

2.山札を1枚めくり場にだす。前回の負けた人から始める。

3.同じマークもしくは同じ数字のカードを1枚出す。次の人も同様。出せない場合、カードを山札から1枚手札に入れる。この際、引いたカードが出せる場合、場に出してよい。

4.手札が最後の一枚になる時(つまり2枚の手札で場に出す時)、「ページワン」と宣言して出さないといけない。忘れると2枚山札からペナルティーで取らないといけない。

5.最後の一枚を出せれば、そのプレイヤーは上がり。最後の一人になるまでやる。

以上が基本の流れですが、特殊ルールがあります。

6.カードは特殊な役札があります。

 ジョーカー:どのカードとしても宣言して、場に出してよい。ただし、最後の1枚として使い、上げることはできない

 A:スキップ 次の人を飛ばす。プレイヤーが二人の場合、自分の番になる

 2:ドロー2 次の人は2枚山札から引く。引いた2枚から場に出せれば、出してもよい。ただし、ドロー2をさらに出せば出したプレイヤーは2枚引かずに、次の人に引き継がれる(Aさんが2を出して、Bさんも2をだしたら、次のCさんが4枚引く)

 8:ワイルドカード スーツ(ハートとかダイヤとか)を宣言し、次の人はそのスーツもしくは8を出せる

 9:リバース プレイヤーの順番を逆転する。プレイヤーが二人の場合、自分の番になる

 K:ハゲ 次の人は、手札をオープンにする。ドロー2同様、Kを出すと自分は手札をオープンせずに次の人に引き継げる

この辺のルールは、UNOのカードがないなかで、手軽にトランプでプレイするためのものなのでしょう。

7.ドボンルールがあります。ここが一番の特長。誰かが山札にカードを出した際に一定条件ですべての手持ちカードを、山札にカードを出したプレイヤーに押しつけられます。この時は「ドボン」と宣言して。押しつけます。その条件というのが、出されたカードの数字に対して、手持ちのカードが四則演算のいずれか、もしくは相加平均・相乗平均で一致すれば出せます。
例えば、1.1・2・8と持っている時には、Q(12)が出されたら、1+1+2+8で12となるので、Qを出した人にこの3枚のカードを「ドボン」と宣言して、渡し、いきなり上がれるわけです。自分の順番になっているかは関係ありません。ちなみに引き算なら8-2-1-1で4、かけ算は16になるので無理。割り算が8÷2÷1÷1で4。相加平均は3。相乗平均なら1×1×2×8の4乗根で2。つまり、上記の手札の場合、12,4,3,2が場に出た時ドボンで上がれます。私は人生の中で相乗平均はこのゲーム以外使ったことがないですw

なお、ジョーカーを持っているとドボンは使えません。

8.なんとドボン返しもありです。場に出した人が例えば6を出して、ドボンをされたとしましょう。でも、場に出した際に、残りの手札で6をドボンできる状態になっていたら、ドボン返しと称して、押しつけてきた人に自分の手札を押しつけられます。複数からドボンされた場合は、好きな人一人にドボン返しするというルールです。

という訳で、やってみると結構な計算量が必要で、卒業後は、なかなかやる人を集めるのが大変。なので、同窓の人間同士でないとやらないという、非常にローカルなゲームでした。上下の学年がどういうルールでやっていたのか、そもそもどういう流れで同窓で流行ったのか、よく分かりませんが、思い出深いゲームです。

味の素株式会社の株主総会:2018年

乞食根性丸出しで、お土産いただいて来ました。

 f:id:mosyoesyoe:20180626094728j:plain

株主優待等でよく推奨になるこちらの会社。個人株主に手厚いのか、昨今の流れでは株主総会の際の手土産は廃止の流れが主流という理解ですが、こちらは違います。なんと、来場して株主総会に出ない(!)でお土産だけ受け取って帰る人がたくさんいるではないですか。半数くらいそういう人達かもしれません。皆さんよくご存知ですね。私は株主総会を出席しましたが、会場も中継で見る第二第三会場まであり、会社も正直この人数が全員出席できる場所の確保は難しいのかもしれません。5千人くらいが株主総会に参加されているのではないでしょうか。お土産渡して帰ってもらった方が双方幸せなのかもしれません。

なんにせよ、とんでもない個人株主の数です。株主が約13万人!議決行使されたのが5万人とのこと。あんまり個人株主増やすと、今度は株主総会が定数満たせなくなるのではないかと余計な心配をしてしまいます。

社長は慣れたものなのか、売上一兆円のグローバル企業のトップたるや、こういうものなのか、議事進行はいたってスムーズ。「何を言いに来たんだ?」というような株主の質疑応答も少なく、お土産渡してお帰りいただく作戦は有効なのかもしれません。

わざわざブログ書きたくなるほど、ファンを作ることを大事にしている会社の作戦に見事に引っかかってしまいました。

お土産は下の写真になります。

f:id:mosyoesyoe:20180626144417j:plain

あと帝国ホテルに入ってみたいという小市民根性もありましたw

東京は華やかなところです。

ubuntu server 1804でiDempiereサーバーを構築

f:id:mosyoesyoe:20180522132200p:plain

フリーのERPということで、評価の高いiDempiereを仮想環境(Hyper-V)上のubuntuに入れてみました。

基本、公式サイトと非常に詳しい日本語サイトを作られている方がいあるので、見ながらやれば大丈夫と言いつつ、もちろんはまったので、記しておきます。

Installation on Debian - iDempiere en

iDempiere(アイデンピエレ)のインストール AWS - EC2 : Ubuntu12.4LTS(前半) - OSS ERP Compiere Distribution Lab

まず、GUI環境はない状態でやりました。Webブラウザで仮想環境上のサーバーにアクセスするようにしたかったので。

1.ubuntu1804 Server LTSのインストール

2.taskselのインストール>LAMP環境の構築

Apache入れないとWebサーバーがない状態なので、多分必要なのではないかと。

ここまでは自分の前の記事見てもらえるとヒット数が稼げます。m(__)m

MySQLのrootでログインできない:ubuntu 18.04 Server とMysql5.7 - mosyoesyoe's blog

3.PostgreSQLのインストール

taskselでpostgresを選べばOK。

/etc/postgres/10/main/以下の"postgresql.conf"と"pg_hba.conf"ファイルの設定をしないと外部からの接続に支障をきたします。設定変えたら、sudo service postgres restartで再起動。

その後、参考サイト様同様、コンソールで、下記のように入力。MySQLと違ってログインとかいらないのね。("sudo" もいらないです。)

psql -U postgres -c "CREATE ROLE adempiere SUPERUSER LOGIN PASSWORD 'adempiere'" <<パスワードは適当に 
createdb --template=template0 -E UNICODE -O adempiere -U adempiere idempiere
psql -d idempiere -U adempiere -c "ALTER ROLE adempiere SET search_path TO adempiere, pg_catalog"

4.java環境の構築(openJAVA)

ここではまりました。普通のインストールは

sudo apt install default-jdk

でOKですが、これだとJAVA 11がインストールされます。こいつだと、iDempiereの構築時にエラーを吐かれます。JAVA 8を指定してインストールしましょう。

sudo apt install openjdk-8-jdk

これでOKと思われますが、私の場合、不幸にも新しいバージョンが入ってしまったので、そういう時は

sudo alternatives --config java

で、古いバージョンを優先させましょう。

5.iDempiereのインストール

5.1 ファイルをダウンロード

https://sourceforge.net/projects/idempiere/?source=directory

https://sourceforge.net/projects/idempiere/files/v5.1/daily-server/idempiereServer5.1Daily.gtk.linux.x86_64.zip/download

私の場合、上記の5.1Daily.gtk.Linux.x86_64.zipを使いました。

5.2 フォルダを作成・フォルダ権限設定・移動・解凍

ちょっと省略(笑)

5.3 コマンドでインストール

展開されたフォルダの~~/idempiere.gtk.linux.x86_64(みたいなバージョン)/idempiere-serverフォルダに移動し、

sudo sh console-setup.sh

これでJavaで不具合なければ、進むはず。Javaのフォルダが違うなら、/usr/lib/~~と

正しい場所を指定します。その後、結構な設定項目を聞かれます。正直、よく分からない。。。

cd utils
sh RUN_ImportIdempiere.sh

下位のutilsフォルダに移動し、データ入れないといけないようです。とても時間がかかります。

5.4 サーバーを起動

上位のidempiere-serverフォルダに戻り、起動

sudo sh idempiere-server.sh

ctrl+c で止められます。私の場合、外部からブラウザで使ってみるので、これでOK

http://(IPアドレス):8080/webui/

にアクセス。

User:SuperUser Pass:Systemと

User:System Pass:System

でログインできることを確認。 とりあえず、今日はここまで

 

 

MySQLのrootでログインできない:ubuntu 18.04 Server とMysql5.7

ubuntu 18.04がリリースされました。新しいサーバー環境を作ろうと、早速、Server版をインストールして、LAMP環境を構築したのですが、MySQL関連で結構はまりました。難しいですね。

本題の前にubuntu18.04でのLAMP環境の作り方(まずはWindows10 ProのHyperVで作ってます)

1.ISOファイルを準備して、仮想マシンを作成 (セキュアブートを無効にしないと駄目)

2.まとめて入れるには、taskselが便利というか、2年前はそうだったはず。

sudo apt install tasksel

sudo tasksel

 

f:id:mosyoesyoe:20180508154040p:plain

apt-getじゃなくなったの?とか思いつつ、見慣れたtaskselの画面でインストールすると、MySQLのパスワード聞かれたかな?と思いつつ、作業を続けたのでした。

さて、パスワードですが、MySQL 5.7では、勝手にrootのパスワードが作成されているそうです。それの見方はいろいろ出ていますが、おそらく推奨のやり方はコマンドで設定するのだと思います。

sudo mysql_secure_installation

と打ち込むと、YesNoの質問と、rootのパスワードを設定できます。パスワードの複雑さの設定も合わせて行われます(validate_password_policy)。

ここまででも、ネット情報を調べつつ苦労していたのですが、端末から入ろうとするとエラーが。。。

f:id:mosyoesyoe:20180508155017p:plain

mysql -u root -p

ERROR 1698 (28000): Access denied for user 'root'@'localhost'

 

インストール直後ではまる人は多いのか、いろいろ情報はあります。rootパスワードを

初期化する方法等。。。やってみると確かにパスワード無しでmysqlにログインできたのですが、なんか症状が違うように思えて、さらに調べました。

f:id:mosyoesyoe:20180508160020p:plain

あれ?

sudo mysql -u root -p

だと、先程設定したパスワードでログインできます。ユーザーの認証の仕方が違うようです。

入り方が分かれば、私はこのままでよくて、外部から接続できるように新しいユーザーを作成して、mysqld.cnfの「bind-address」の設定を変更して、とりあえず、使えそうです。ネット情報は偉大です。下にリンク貼ります。いろいろありがとうございました。

MySQL 5.7 をインストールしたら最初に行うセットアップ | WEB ARCH LABO

Mysqlで「Access denied for user ‘root’@’localhost’ (using password: NO)」 - ITの隊長のブログ

MySQL ver5.7 でつまずいたメモ - Qiita

カードリーダーが認識しない:eTaxではまる>Windows10のせい?

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

放置続きのブログですが、年末年始は会社が忙しく、年末調整から支払報告書。固定資産税(償却資産)の申告と目白押しです。

eTax・eLTaxのおかげで、大分楽になったのですが、今年はつまらないトラブルに見舞われました。。。

昨年10月の所得税申告の際は、住基カードだったのですが、切り替えました。本当は、切り替える前にやろうと思ったのですが、カードが認識せず。症状は、
 
  • NFCポート自己診断だと、品番はでるが、カードが認識できない
  • JPKI利用者ソフトだと、動作確認ボタンを押すと、「R/Wのタイプが不明です」と表示される
  • PCDesk等の申告ソフトだと、当然、読めません的なエラーが出ます。
実はRC-S370は、もう旧モデル。

公的個人認証サービスとは | 公的個人認証サービス ポータルサイト

から見られるカードリーダーには、もう載っていません。先程書いたとおり、昨年10月には使えたんだけどな~と思いつつ、NFCポート自己診断のカード認識できないということを信じて、タイミングがあっていたこともあり、カードを交換しました。

結果、変わらず・・・。

申告ソフトがバージョンアップで対応しなくなることあるのかな~と思い、新しいモデル買おうかと思ったのですが、原因は違いました。

なんと、Windows10を更新すると、再インストールしないといけないそうです。つまり、Windows10は年2回くらい、大型アップデート(ソニーのサイトで書いてある「更新」)が行われますが、その都度、ドライバー等のアップデートが必要とのこと。
手順は、ソニーのサイトに書いてあることの繰り返しになるますが、下記、3つのファイルをダウンロードし、順に実行します。
  1. NFCポートソフトウェアリムーバーを実行 >PCを再起動
  2. NFCポートソフトウェア(ドライバ)をインストール
  3. PC/SCアクティベーターfor Type B(ドライバ)をインストール(「RC-S330、RC-S370ご使用の場合」とありますね)
以上、行えば、旧モデルである RC-370 でもWindows10 & マイナンバーカードの組み合わせで、2018年1月は電子申告できました。もうすぐ確定申告の時期ですから、去年まではできたのに。。。というトラブル続出しないことを祈ります。
しかし、半年毎にこれやるのか、めんどくせ~。