mosyoesyoe's blog

徒然書いたら結果、今のところ、自社の宣伝。お得情報。パソコンTips。雑感。

3月12日のこと

閲覧者の少ないうちに悪口書いておきます。時々思い出して不愉快になるので。。。

忘れもしない2011年の3月11日、翌日鉄道の運行状況を確認に行ったのですが、そこで見たのが駅前で普段と変わらずA4サイズのパンフだか持って立っている宗教団体の数名。世の中の動揺と無関心かのような態度に見えて「阪神の時はオウムだって支援に行ったぞ」と心の中で毒づいたのでした。

あの日彼らが募金を集めるとか何かアクションがあればまったく印象が違ったと思います。あの姿は自分たちの世界にいて社会と壁があることを見事に体現していたのでした。

宗教には憐憫の心を持ち、救済したいという心が必須だと思います。もちろん悟道的な教義もあるでしょうが、それでも大乗仏教のように悟りを開いて終わりではなく衆生を助けに現れるという考えもあります。社会の中で宗教にどんな価値があるかと言えば、他者を助けるということを「なぜ?」といった疑問を挟まずに世に言えることではないでしょうか。宗教者だから世間と断絶してよいということでは絶対にないと思います。

広告を非表示にする